ムーンショット (JST)

JST(科学技術振興機構)が 「ムーンショット型研究開発事業」に関する記事や情報を発信していく公式アカウントです。 科学技術のもたらす”新・未来”を、みなさんにお伝えしていきたいと思います。 https://www.jst.go.jp/moonshot/index.html

ムーンショット (JST)

JST(科学技術振興機構)が 「ムーンショット型研究開発事業」に関する記事や情報を発信していく公式アカウントです。 科学技術のもたらす”新・未来”を、みなさんにお伝えしていきたいと思います。 https://www.jst.go.jp/moonshot/index.html

    マガジン

    • メディア掲載

      メディアに掲載された記事を紹介いたします。

    • 初めまして、JSTムーンショット型研究開発事業です

      JST(科学技術振興機構)が 「ムーンショット型研究開発事業」に関する記事や情報を発信します。 科学技術のもたらす”新・未来”を、みなさんにお伝えしていきたいと思います。

    • English articles

      We hope you will share our passion for the Moonshot R&D Program and the grand challenges set for 2050, joining our 'giant leap' towards a bright new MIRAI of global human well-being.

    ウィジェット

    • ムーンショット目標1:アニメーションで描く2050
    • ムーンショット目標2:アニメーションで描く2050
    • ムーンショット目標3:アニメーションで描く2050
    • ムーンショット目標6:アニメーションで描く2050

    最近の記事

    固定された記事

    公式note、はじめます! 「ここから、新・未来へ」JST ムーンショット型研究開発事業

    はじめまして。JST(科学技術振興機構)のムーンショット型研究開発事業 広報チームです。 このたび、公式noteを開設することにしました。 このnoteを通して私たちが推進する、ムーンショット型研究開発事業について、みなさんに分かりやすい形でお伝えしていきたいと思っています。 今回の初投稿では私たちJSTの自己紹介と、このnoteでどんなことを発信していこうとしているのかをお伝えできたらと思っています。 JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)って、どんな組織?JS

    スキ
    51
      • 田村淳さんのYouTubeチャンネル “アーシーch~2nd~” の取材を受けました

        ムーンショット2の合原プロジェクトマネージャー(以下、PM)が なんと、あの田村淳さんのYouTubeチャンネルの取材を受けました。 田村淳さんと合原PMの対談動画はこちら! 田村さんと合原PMが、ご対面。 和やかな雰囲気で撮影は進んでいきました。 田村淳さんと合原PMの対談動画はこちら!

        スキ
        1
        • 日本ロボット学会学術講演会(RSJ2022)オープンフォーラムに行ってきました

          2022年9月9日、東京大学で行われた第40回 日本ロボット学会学術講演会(RSJ2022)オープンフォーラムに行ってきました。オープンフォーラムは、全部で15企画も開催されましたが、その中からOF14 「ムーンショット型研究が目指すアバター共生社会」の様子を紹介したいと思います こんにちは。ムーンショットの広報を担当しているワタナベです。日本ロボット学会(RSJ)は、「ロボット学に関する研究の進展と知識の普及をはかり、もって学術の発展に寄与すること」を目的に創立され、今年

          スキ
          3
          • プログラムディレクターによるプログラム解説動画を解説します~広報担当が見た動画撮影の裏側~

            本日はムーンショット事業HPで公開されているプログラムディレクターによる解説動画について、動画撮影の裏側を紹介したいと思います。 こんにちは。JSTムーンショット広報担当のマサトです。 みなさん、こちらの動画はすでにご覧いただいたでしょうか? ムーンショット目標に関する研究開発全体の責任者であるプログラムディレクター(以下、PD)がプログラムの解説を行う動画です。目標達成に向けたターゲットやプロジェクトの構成についてPDが解説する3分程度の内容です。この動画はPD、JS

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • メディア掲載
            ムーンショット (JST)
          • 初めまして、JSTムーンショット型研究開発事業です
            ムーンショット (JST)
          • English articles
            ムーンショット (JST)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【Friday September 30th 2022, 10:30-18:15~】Moonshot Goal 1: The Second International Symposium on Cybernetic Avatars

            Hello! This is Hikaru from the Moonshot PR team. On September 30, 2022 (Friday), “Moonshot Goal 1: The Second International Symposium on Cybernetic Avatars” will be held at Campus Plaza Kyoto and online. Please registrer below by the dead

            スキ
            2

            【メディア掲載】日経ビジネスに ムーンショット目標1の記事が掲載されました

            2022年9月2日付けで、「日経ビジネス」にムーンショット目標1の記事が掲載されました。記事は上記のリンクからご覧になれます。 なお、この記事の全文をご覧いただくには、「日経ビジネス」の会員登録が必要です。

            スキ
            2

            Is ‘fault-tolerant’ quantum computing coming sooner than expected?

            Hello! This is Robert from the Moonshot PR team. Today we bring you a special interview with Professor Masahiro Kitagawa, the Program Director for Moonshot Goal 6: "Realization of a fault-tolerant universal quantum computer that will revol

            スキ
            2

            Living and growing with AI robots: our ideal cooperation partners?

            Hello! This is Robert from the Moonshot PR team. Today we bring you a special interview with Professor Toshio Fukuda, Program Director for Moonshot Goal 3: “Realization of AI robots that autonomously learn, adapt to their environment, evol

            スキ
            2

            Will a ‘whole body network simulator’ help prevent our most serious diseases?

            Hello! This is Robert from the Moonshot PR team. Today we bring you a special interview with Dr. Gen Sobue, the Program Director for Moonshot Goal 2: "Realization of ultra-early disease prediction and intervention by 2050." For humans to

            スキ
            1

            Are we entering a remote age? Exploring the potential of Cybernetic Avatars

            Hello! This is Robert from the Moonshot PR team. Today we bring you a special interview with Professor Norihiro Hagita, the Program Director for Moonshot Goal 1: "Realization of a society in which humans can be free from limitations of bod

            スキ
            1

            "Here begins our new MIRAI": introducing the Moonshot R&D Program!

            Hello! Thanks for joining us. This is the PR team for the Moonshot R&D Program at the Japan Science and Technology Agency (JST). Welcome to our official 'note', featuring information that we hope you will find interesting! In this first po

            スキ
            2

            【メディア掲載】日経クロステックに北川PD(大阪大)のインタビューが掲載されました

            2022年8月29日付けで、「日経クロステック」にムーンショット目標6(MS6) 北川プログラムディレクター(PD) (大阪大)のインタビューが掲載されました。記事は上記のリンクからご覧になれます。 なお、この記事の全文をご覧いただくには、「日経クロステック」の会員登録が必要です。

            スキ
            4

            【9/12(月)13時~】ムーンショット目標9公開シンポジウム ~科学技術を通じたこころの安らぎと活力に満ちた社会の実現を目指して~

            ムーンショットの広報担当のスズキマです。 2022年9月12日(月)に、『ムーンショット目標9公開シンポジウム~科学技術を通じたこころの安らぎと活力に満ちた社会の実現を目指して~』を、一橋講堂(東京都千代田区)およびオンライン(Zoomウェビナー予定)のハイブリッド方式にて開催いたします。 プログラムディレクター(以下、PD)である京都大学 人と社会の未来研究院の熊谷誠慈准教授がプログラムの全体概要について講演するとともに、各プロジェクトマネージャーがそれぞれのプロジェク

            スキ
            6

            【メディア掲載】ロボスタに早稲田大学 理工学術院長 教授の菅野重樹先生の講演のレポート記事が掲載されました

            2022年8月8日付けで、「ロボスタ」に記事が掲載されました。記事は上記のリンクからご覧になれます。ぜひ読んでくださいね!

            スキ
            5

            量子メモリーの世界初の成果を聞きに文科省へ行ってきました。〜MS6小坂PMの記者レク体験記

            今日は2022年7月29日に発表された小坂プロジェクトマネージャー(以下、PM)の研究成果のプレスリリースについて、その記者レクの様子をご紹介したいと思います。 世界初、光ランダムアクセス量子メモリの原理実証に成功 ~大規模集積量子メモリやダイヤモンド量子コンピュータの実現に道~ こんにちは。ムーンショットの広報を担当しているマサトです。 「研究成果のプレスリリース」や「記者レク」は、あまり馴染みがないかもしれませんが、みなさん、ご存知でしょうか? 顕著な研究成果が学

            スキ
            10

            産業、経済を飛躍的に発展させる「誤り耐性型汎用量子コンピュータ」の実現に挑む!

            JSTでムーンショットの広報を担当しているスズキマです。 この記事では、ムーンショット型研究開発事業として取り組んでいる9つの目標の中から、目標6『2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現』を推進するプログラムディレクター(PD)、大阪大学大学院基礎工学研究科 教授の北川勝浩先生へのインタビューをお届けします。 量子コンピュータは、いわゆるデジタルの概念である「0と1の組み合わせ」ではなく、物質を形作る量子の性質を利用

            スキ
            19