ムーンショット型研究開発事業@JST

JST(科学技術振興機構)が 「ムーンショット型研究開発事業」に関する記事や情報を発信…

ムーンショット型研究開発事業@JST

JST(科学技術振興機構)が 「ムーンショット型研究開発事業」に関する記事や情報を発信していく公式アカウントです。 科学技術のもたらす”新・未来”を、みなさんにお伝えしていきます。 https://www.jst.go.jp/moonshot/index.html

マガジン

  • X(かける)シリーズ

    異なる分野のふたりによる対談企画!それぞれの研究や未来へ“かける” 思いを語ります

  • 「未来を訊く」~ムーンショット型研究開発事業の現在地~

    ムーンショット型研究開発事業に取り組む研究者の思いを伝える、動画シリーズ。 JST担当の目標だけでも約600名(プロジェクト・マネージャー、課題推進者の合計)の研究者たちが、日々、研究を進めています。

  • English Articles

    We hope you will share our passion for the Moonshot R&D Program and the grand challenges set for 2050, joining our 'giant leap' towards a bright new MIRAI of global human well-being.

  • アニメーションで描く2050年&PDによるプログラム解説

    ムーンショット目標が目指す2050年の社会像を描いたアニメーション。各目標のプログラムディレクターがその内容について解説しています。

  • ムーンショット型研究開発事業@AMED

    AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)が推進している、ムーンショット目標7の関連記事をピックアップ!

最近の記事

  • 固定された記事

建築研究者も参画する気象研究:山口弘誠×西嶋一欽×黒ラブ教授

猛烈な雨が短時間、局地的に降る「ゲリラ豪雨」。正式な気象用語ではありませんが、突発的で予測が難しいという特徴をとらえています。ゲリラ豪雨は近年増えており、鉄砲水のような急激な出水によって、ときには人的被害をもたらすことがあります。 そこで、山口弘誠(こうせい)プロジェクトマネージャー(以下、PM)は、「ゲリラ豪雨・線状対流系豪雨と共に生きる気象制御」と名付けたプロジェクトの中で、西嶋一欽(かずよし)さんらとともに、ゲリラ豪雨の発生メカニズムに基づき、その勢力を弱める気象制御技

    • 人に寄り添って家事や医療・福祉を支援スマートロボットでつなぐAIと社会

      ロボットが人と協調しながら、家事や接客、医療、福祉など、さまざまな仕事を行う。小説や映画で描かれたそんな世界が、現実のものになりつつある。早稲田大学理工学術院の菅野重樹教授は「2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現」という目 標を掲げたプロジェクトを先導している。多種多様なタスクを1台で行える「スマートロボット」実現の現在地と展望を聞いた。 ※JST広報誌『JSTnews 2024年3月号』に掲載された、目標3の菅野重樹プ

      • 再生

        「人間と互いに高め合うパートナーAIの実現を」/ 馬場雪乃

        目標3「2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現」の牛久PMのプロジェクト「人と融和して知の創造・越境をするAIロボット」で、課題推進者として、研究者とのインタラクションAIによる知識探求に取り組んでいる東京大学の馬場雪乃さんに、現在のAIの課題、2050年に目指すAIの姿、未来社会への展望やそのチャレンジについて話を聞きました 馬場雪乃(ばば ゆきの) 東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻広域システム科学系  准教授 / 博士(情報理工学) ■目次 0:29 ムーンショット目標3について教えてください 1:23 目標3で、どのような領域を担当していますか? 2:50 専門的・科学的AIが科学者のパートナーになるためには? 4:31 ところで、AI研究者を目指したきっかけは? 5:50 2050年のAIで達成したいことは? ■関連リンク ムーンショット目標3:2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現 https://www.jst.go.jp/moonshot/progra... 牛久プロジェクト:人と融和して知の創造・越境をするAIロボット https://www.jst.go.jp/moonshot/program/goal3/36_ushiku.html 東京大学 馬場研究室 https://bb.c.u-tokyo.ac.jp/

        • 第2回 日欧ワークショップを在日スイス大使館と開催

          ムーンショット目標3では、在日スイス大使館と共催し、2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて、国際研究ワークショップを行いました。スイスでの第1回(2022年9月)に引き続き、第2回は日本での開催です。 こんにちは。JSTのムーンショット目標3担当の、しげるです。 目標3が目指す「2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現」のためには、日々めまぐるしく発展・変化していくこの領域で、世界中のAI/ロボット研究者を巻き

        • 固定された記事

        建築研究者も参画する気象研究:山口弘誠×西嶋一欽×黒ラブ教授

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • X(かける)シリーズ
          ムーンショット型研究開発事業@JST
        • 「未来を訊く」~ムーンショット型研究開発事業の現在地~
          ムーンショット型研究開発事業@JST
        • English Articles
          ムーンショット型研究開発事業@JST
        • アニメーションで描く2050年&PDによるプログラム解説
          ムーンショット型研究開発事業@JST
        • ムーンショット型研究開発事業@AMED
          ムーンショット型研究開発事業@JST
        • プログラムディレクターに聞く ムーンショットがつくる未来
          ムーンショット型研究開発事業@JST

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          "逆境博士" ユーグレナ社長と考える、「前向き」をアシストする科学技術:山田真希子×出雲充

          大谷翔平選手も大切にしているメンタル。「前向き」なこころには、すべての人の人生を輝かせ、成功へと導く力があります。ところが日本財団の調査では、日本の18歳は他国に比べて自信がないという結果が出ています。 科学技術は「前向き」に対して何ができるのでしょうか。 2050 年までに「逆境の中でも前向きに生きられる社会の実現」を目指す研究プロジェクトを率いる山田真希子プロジェクトマネージャー(以下、PM)と、これまでいくつもの逆境を前向きに乗り越えてきた、株式会社ユーグレナ代表取締役

          "逆境博士" ユーグレナ社長と考える、「前向き」をアシストする科学技術:山田真希子×出雲充

          再生

          スケーラブルで強靭な統合的量子通信システムを目指して / 永山翔太

          量子の性質を利用し、スーパーコンピュータとは異なる原理で計算を行う量子コンピュータ。ムーンショット目標6では、「経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータの実現」を目指し、ハードウェア、通信ネットワーク、理論・ソフトウェアの3つのカテゴリーで研究開発プロジェクトを推進しています。計算技術によって発展した人類の文明をさらに進化させる量子コンピュータ。 研究開発プロジェクト「スケーラブルで強靭な統合的量子通信システム」に取り組むプロジェクトマネージャー、永山翔太さんに、様々なハードウェアを一気通貫する「通信ネットワーク」について話を聞きました。 永山 翔太(ながやま しょうた) 慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科 特任准教授 株式会社メルカリ 研究開発部R4D シニアリサーチャー ■目次 0:47 量子ネットワーク研究のきっかけ 1:55 量子コンピューターネットワークとその重要性 3:44 その先を考え、課題を解決する ■関連リンク ムーンショット目標6: 2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現 https://www.jst.go.jp/moonshot/progra... 永山プロジェクト:スケーラブルで強靭な統合的量子通信システム https://www.jst.go.jp/moonshot/progra...

          スケーラブルで強靭な統合的量子通信システムを目指して / 永山翔太

          再生
          再生

          「数理と医学を融合し社会を変えていく」/ 川上英良

          目標2「2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現」の松浦PMのプロジェクト「ウイルス-人体相互作用ネットワークの理解と制御」。このプロジェクトの課題推進者として数理と医学を融合し挑戦的に研究に取り組んでいる千葉大学・理研の川上英良さんに、疾患を予測するためのビジョン、そのアプローチ、高齢化が進む現代社会において2050年に目指す予防社会などについて話を聞きました 川上英良(かわかみ えいりょう) 千葉大学大学院 医学研究院 人工知能(AI) 医学・教授 千葉大学 治療学人工知能(AI)研究センター・センター長 理化学研究所 情報統合本部 先端データサイエンスプロジェクト・チームリーダー  ■目次 0:29 ムーンショット目標2の『疾患を超早期に予測・予防』について詳しく教えてください 1:13 野心的な目標を達成するために重要視していることは? 3:04 まだ起きていない病気を予測するためのアプローチとは? 5:08 数理と医学の融合、その強みは? 7:09 高齢化が進む中、2050年にはどのような予防社会を作っていきたいですか? ■関連リンク ムーンショット目標2:2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現 https://www.jst.go.jp/moonshot/progra... 松浦プロジェクト:ウイルス-人体相互作用ネットワークの理解と制御 https://www.jst.go.jp/moonshot/progra...

          「数理と医学を融合し社会を変えていく」/ 川上英良

          再生
          再生

          「多様性と包摂性を拡大するCA社会の共創的デザイン」に取り組む / 吉藤健太朗

          身体的能力、認知・知覚能力を拡張するサイバネティック・アバター技術。ムーンショット目標1では、「2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」するためサイバネティック・アバター技術を活用。人の能力拡張により、介護や育児をする必要がある人や高齢者、様々な価値観を持つ人々が、 多様な社会活動に参画できる未来の実現を目指します。 南澤PMの研究開発プロジェクト「身体的共創を生み出すサイバネティック・アバター技術と社会基盤の開発」に取り組む課題推進者、吉藤健太朗さんに、サイバネティック・アバター技術の社会実装について話を聞きました。 吉藤健太朗(よしふじ けんたろう) 株式会社オリィ研究所 代表取締役CVO ■目次 0:43 分身ロボットカフェ DAWN ver.β 1:37  “もう1つの身体” によるコミュニケーション 2:23 サイバネティック・アバターが開く社会 3:36 複数のアバターで能力を拡張する 4:42 “できないこと” が切り開く、未来の生活 ■関連リンク ムーンショット目標1: 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現 https://www.jst.go.jp/moonshot/progra... 南澤 プロジェクト:身体的共創を生み出すサイバネティック・アバター技術と社会基盤の開発 https://www.jst.go.jp/moonshot/progra...

          「多様性と包摂性を拡大するCA社会の共創的デザイン」に取り組む / 吉藤健太朗

          再生
          再生

          サイバネティック・アバターで仮想と現実を境目なく行き来する 超リアル体験を、みんなに

          ムーンショット目標1が描く2050年のビジョンをアニメーションで表現しました。 ■目次 00:00 誰もが多様な社会活動に参画できるサイバネティック・アバター社会 00:48 遠隔操作できるサイバネティック・アバター 01:44 居場所を選ばず、生産から運送まで 02:36 身体の不自由さからの解放 03:12 複数の分身が自分をサポート 03:38 スペシャリストの技能を結集 ■関連リンク ムーンショット目標1:2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現 https://www.jst.go.jp/moonshot/progra... ムーンショット目標1:プログラムディレクターによる解説動画 https://youtu.be/QXk419M64kI?si=py9qR96nDB6uZMck 内閣府:ムーンショット型研究開発制度 https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/...

          サイバネティック・アバターで仮想と現実を境目なく行き来する 超リアル体験を、みんなに

          再生
          再生

          目標1「2050 年までに人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」

          目標1は「2050 年までに人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」することを目標にしています。 この目標を達成するためのポートフォリオを、研究開発全体を指揮するプログラムディレクター(PD)が解説します。 ■目次 00:00 身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会 01:10 遠隔操作できるサイバネティック・アバター 01:55 2050年までのマイルストーン 02:21 プロジェクトマネージャーとその研究開発プロジェクト 03:01 誰もが身代わりロボットを扱えるサイバネティック・アバター社会 プログラムディレクター 大阪芸術大学 芸術学部 アートサイエンス学科 学科長・教授 萩田 紀博 ■関連リンク ムーンショット目標1:2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現 https://www.jst.go.jp/moonshot/progra... サイバネティック・アバターで仮想と現実を境目なく行き来する 超リアル体験を、みんなに https://youtu.be/fIi83fAR3yM?si=cWBpAnukc4c-p-Ye 内閣府:ムーンショット型研究開発制度 https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/...

          目標1「2050 年までに人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」

          再生

          When skillful and clever “AI robot scientists” become partners to humans: HARADA KANAKO × IKEGAMI AKIRA

          Working in scientific research tends to require manual dexterity and long working hours. Project manager (PM) Harada Kanako believes that training AI robots to become “clever, skillful scientists” will remove these constraints, achieving a

          When skillful and clever “AI robot scientists” become partners to humans: HARADA KANAKO × IKEGAMI AKIRA

          “Yes We Dance!” AIロボット技術を使った「スマーター・インクルーシブ・ダンス」で、みんな一緒に楽しもう!

          AIロボット技術を使うことで、世代の差や障がいの有無・程度を気にすることなく、国境も越えて誰もが同じステージで一緒にダンスを楽しもう!という「スマーター・インクルーシブ・ダンス」。このコンセプトを広く共有するためのプロジェクトが “Yes We Dance!” です。 車いすを利用する人もそうでない人も、そしてロボットも一緒になった、迫力のダンスパフォーマンスを体感してきました! こんにちは。JSTのムーンショット広報担当、ニシムラです。 “Yes We Dance!” プ

          “Yes We Dance!” AIロボット技術を使った「スマーター・インクルーシブ・ダンス」で、みんな一緒に楽しもう!

          「もう1つの身体」での活動を通じて制約から解放され生きられる社会へ

          人間が「もう1つの身体」を獲得するロボットのアバターは、肉体や空間の制約から人を自由にすることを可能にする。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の南澤孝太教授は「2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」という目標に向けて、研究開発プロジェクトを率いている。アバターがもたらす意義や、アバターを通じての活動を可能にする技術とその成果や意義、将来への展望を聞いた。 ※JST広報誌『JSTnews 2023年12月号』に掲載された、目標1の南澤

          「もう1つの身体」での活動を通じて制約から解放され生きられる社会へ

          想像(創造)してみよう!超早期に病気を予測・予防できる2050年

          サイエンスアゴラ2023が、オンライン(2023年10月26~28日)と実地(2023年11月18~19日)の2種類の参加形態で実施されました。 目標2はオンラインで出展、「サイエンスアゴラ2023推進委員会が選んだ注目企画」にも選出されました!当日の様子をお伝えします。 こんにちは。ムーンショット目標2担当のニコです。 ムーンショット目標2では、「2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現」することを目指しており、5つのプロジェクトで構成されて

          想像(創造)してみよう!超早期に病気を予測・予防できる2050年

          器用で賢い「AIロボット科学者」が人間のパートナーになる日:原田香奈子×池上彰

          手先の器用さや長時間労働が求められがちな科学研究の現場。 AI ロボットを「賢く、器用な科学者」に育てることで、そうした現場の制約を取り払い、研究者になりたい人は誰でも研究者になれる未来を実現したい――原田香奈子プロジェクトマネージャー(以下、PM)はそう考えて、「人と AI ロボットの創造的共進化によるサイエンス開拓」というプロジェクトに取り組んでいます。 原田 PM が実現を目指す「AI ロボット科学者」とはどんなものなのか、どのように実現するのか、実現したときの科学研究

          器用で賢い「AIロボット科学者」が人間のパートナーになる日:原田香奈子×池上彰

          未来の暮らしを支える最先端科学の展望

          ムーンショット型研究開発事業には、数多くの研究者が携わっています。 今回は、ともに東北大学で研究活動をしている平田泰久PM(目標3)と 細田千尋PM(目標9)の対談をご紹介します! ※『東北大学 統合報告書2023』の記事を東北大学より許可を得て転載※ 未来の暮らしを支える最先端科学の展望 困難な社会課題の解決に向け内閣府が主導する「ムーンショット型研究開発制度」。 未来を豊かにする最先端科学に挑戦する2人のプロジェクトマネージャーが、その展望と思い描く社会を語ります。

          未来の暮らしを支える最先端科学の展望